So-net無料ブログ作成

『東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その5』

【スポンサーリンク】





本文はここから

↓↓↓



『東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その5』


こんにちは。

さて、今回も飽きずお送りします、パークに関するおもしろ雑学♪



1.「ミッキーの誕生日」と「東京ディズニーランド記念日」は、毎年同じ曜日になる

*ミッキーの誕生日は11月18日。

*東京ディズニーランド記念日(グランドオープンの日)は4月15日。


昨年、今年、来年と、カレンダーをチェックしてみてください。

必ず4/15と11/18は同じ曜日になっています☆

こんなマジックが隠されていたなんて、驚きですよね!



2.「Tokyo Disney SEA」の「SEA」には”海”以外の意味がある

ご存知の通り、ディズニーシーは、”海”をテーマとしたパークです。

しかし、かつての歴史上の人々の”冒険とイマジネーションの歩み”のたまものでもあります。


実は「SEA」=「Society of Explorers and Adventurers」の略語で、

「Society of Explorers and Adventurers」は、「探検家たち、冒険家たち」の意味です。


これらを合わせると、「冒険とイマジネーションの海」という意味につながるそうです☆


アトラクション「フォートレス・エクスぷローション」にて、

SEAに関わったメンバー12人の肖像画が見られますよ。



3.入場制限の基準は、ランド6万人、シー4万人

入場者数がどの位までいくと制限がかかるか、気になったことはありませんか?

*ランド: 6万人

*シー: 4万人

この数字は、東京ディズニーシーオープン当初の発表ですが、ご参考までに。

週末や夏休み、クリスマスなどは、入場制限がかかることもしばしば。


予定が決まっているときは、事前にパスポートを予約しておきましょう♪



4.新アトラクション導入は3年周期

こちらも、東京ディズニーシーのオープン当時に紹介された内容です。

ランド・シーともに、3年ごとに新アトラクションを導入するとのこと。

ウォルト氏が目指したテーマパークのあり方、”進化し続ける”に従ってのことですね^^



5.敷地面積はランド>シー

*ランド: 80万1千平方km

*シー: 71万4千平方km

ランドの方が広いというのは一目瞭然ですね。

ただし、”パーク部分”として見ると、ランド・シーともに48万平方kmと、ほぼ同じ広さです。



6.シーの大人気アトラクション「タワー・オブ・テラー」は建設中止になったことがある

それも、建設中止になったのは、1度ではありません。

理由はというと・・・

*いちばん上の階まで行ったときに見える景色がシェラトンホテルだったから

 (景観の問題は非常に大事です。

  パークから現実世界が見えない工夫を凝らしてることには、皆さんお気付きの通りです)

*建設費がプロメテウス火山より高くなったから

 (これは、現実的なお話しですね。建設費用の高騰が原因でした。)


「タワー・オブ・テラー」は、

シーのグランドオープンから何度も困難を乗り越えて、

ようやく完成したアトラクションなのです☆



7.シーでのキャストさんの挨拶は、世界各国の言語

ランドのキャストさんは、「こんにちは」「ようこそ」「いってらっしゃい」と

日本語で笑顔で挨拶してくれます。


一方、シーのキャストさんが様々な言語で挨拶してくれるのにお気付きでしょうか。

*ホテルミラコスタメディテレーニアンハーバー: イタリア語

*ロストリバーデルタ: スペイン語

*アメリカンウォーターフロント: 英語

*アラビアンコースト: アラブ語


等々、それぞれの街並みに合わせた挨拶をしてくれますよ^^



8.JR舞浜駅の駅員さんの制服は、東京ディズニーリゾートがデザイン

おまけです。

JR舞浜駅の駅員さんは、他の駅とは異なる制服を着ています。


これは、「舞浜駅に着いた時から、ディズニー気分を味わってほしい」という

ディズニーリゾートの考えに基づくものです。


制服が採用されたのは2002年4月27日。

次にパークへ出掛けたら、ぜひ注目してみてください。



いかがでしたか?

楽しい秘密いっぱいの、パーク情報をお届けしました☆



【スポンサーリンク】





【おすすめ人気記事】


ディズニーリゾートで混雑を避けて快適に遊ぶコツ

http://bit.ly/16RmJEr


ディズニーランドお得情報

http://bit.ly/12If597


タワー・オブ・テラー/インディー・ジョーンズのストーリー

http://bit.ly/16liq0b


ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その2

http://bit.ly/ZsyoGJ


ディズニーランドにあるゲームコーナー

http://bit.ly/10bHMg6


年間パスポート、何回行けば元が取れる?

http://bit.ly/12iwcfy



『友達に教えたい☆ミッキーに関するおもしろ雑学』

【スポンサーリンク】





本文はここから

↓↓↓


『友達に教えたい☆ミッキーに関するおもしろ雑学』


こんにちは。

皆さん大好きなミッキーマウス。

彼にも、知っておいて損はないおもしろ雑学があるんです☆


ほんの少しですがまとめてみましたので、ご覧ください~^^



1.ミッキーのプロフィール


まずは、ミッキーのプロシールをご紹介したいと思います☆

*デビュー作: 「蒸気船ウィリー」

*誕生日: 1928年11月18日(日曜日)

*国籍: アメリカ合衆国

*種類: 白ハツカネズミ

*身長: 3フィート2インチ(約70cm!)

*体重: 23ポンド(役11.5kg!)

*血液型: B型

*趣味: スポーツ、カントリーライフ、読書

*愛車: 赤いレトロな車



少し話題が逸れますが、

11月生まれのディズニーキャラクターが多いってご存知ですか?


11月2日: ブレア・ラビット(南部の唄) ←スプラッシュ・マウンテンのウサギどんです!

11月3日: ビートとドラゴン(ビートとドラゴン)

11月8日: ロビンフッド(ロビンフッド)

11月17日: アリエル、セバスチャン、エリック王子(リトルマーメイド)

11月18日: ミッキーマウス、ミニーマウス

11月22日: ベル、野獣王子(美女と野獣)

        ウッディ、バズ(トイ・ストーリー)

11月25日: アラジン、ジャスミン、ジーニー(アラジン)




2.ミッキーの4本指のひみつ


「ミッキーマウスの指は、どうして4本指なの?」

これをウォルト氏に質問したのは、手塚治虫さんです。


この質問に対し、ウォルト氏は・・・

「いいかい、手を小刻みに振ってみるだろう。すると、指が5本に見える。

 これが5本指だったら、ミッキーの指は6本指に見えるじゃないか。」


と語ったと言います。つまり

「アニメーションは絵画ではない。動いたときに自然に見えるかが大事だ。」

ということらしいです。


ちなみに、日本初のアニメとなる「鉄腕アトム」も、当初は4本指でした。

さらに、アトムのヘアースタイルも、ミッキーの耳をデフォルメしたものだとか。


パークでミッキーが手を小刻みに振ってくれる理由もおわかりですね☆




3.ミッキーのまゆげのひみつ


ミッキーのグッズには、「まゆげ」があるものと無いものがあります。

それは、1997年頃からディズニー本社の指示により統一されたからです。


1997年以前のグッズには、「まゆげ」があるものもあったそうです^^




4.ミッキーの声のひみつ


ミッキーの声は、ご存知の通り、なぜか裏声です。

不思議に思ったことはありませんか?


それは当初、アメリカでミッキーマウスの初代声優がウォルト・ディズニー氏本人で

彼がミッキーの声を裏声でやっていた流れなんだそうです。


よく、モノマネされている方もいますよね(笑)




いかがでしたでしょうか。

知れば知るほど魅力の増す、ミッキー雑学でした♪



【スポンサーリンク】





【おすすめ人気記事】


ディズニーリゾートで混雑を避けて快適に遊ぶコツ

http://bit.ly/16RmJEr


ディズニーランドお得情報

http://bit.ly/12If597


タワー・オブ・テラー/インディー・ジョーンズのストーリー

http://bit.ly/16liq0b


ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その2

http://bit.ly/ZsyoGJ


ディズニーランドにあるゲームコーナー

http://bit.ly/10bHMg6


年間パスポート、何回行けば元が取れる?

http://bit.ly/12iwcfy



『ちょっぴり感動!ミッキーマウスの歴史』

【スポンサーリンク】






本文はここから

↓↓↓



『ちょっぴり感動!ミッキーマウスの歴史』


こんにちは。

暑い日が続きますね。


今回は、ディズニー好きなら知っておきたい、
そしておそらく感動してくれるであろう

ミッキーマウスの歴史をまとめてみました。



1.ミッキーマウス生誕まで


ウォルト氏が作り出したキャラクター「ミッキーマウス」生誕には、

実は2人の人物が深く関わっていました。


その1人とは、ウォルト氏の妻、リリアン・ディズニーさんです。

夫婦旅行中に新しいキャラクターを思いついたウォルト氏は、

「モーティマー」という名前を付けようとしました。

しかしリリアンさんがそれに反対し、「ミッキー」と命名したそうです。

ミッキーの名付け親は、ウォルト氏の妻、リリアンさんなんですね。


もう1人は、アブ・アイワーク氏。

ウォルト氏のかつての同僚です。

ハリウッドにスタジオを開設したウォルト氏は彼を呼び寄せ、

ミッキーのデザインを描かせたといいます。


この2人がいなければ、ミッキーマウスは生まれていなかったでしょう。




2.ミッキーマウスのデビュー作「蒸気船ウィリー」

1928年11月18日(ミッキーの誕生日ですね♪)に公開された、「蒸気船ウィリー」。

当時は音声付きの映画”トーキー・アニメ”が珍しかったそうです。


「蒸気船ウィリー」に使われた楽曲は「スティームボート・ビル」と「ワラの中の七面鳥」。

ミッキーは映画の中で音楽に合わせて口笛を吹き、楽器を鳴らします☆



3.ミッキーマウスのグッズ第一号はメモ用紙

1928年にデビューしたミッキー。

翌年1929年には、キャラクター・グッズ第一号が作られました。


それは、学校などで使う”メモ用紙”で、表紙にミッキーが描かれていたそうです。

欲しい・・・ですね!


ミッキーのファンクラブができたのもこの年です♪




4.その後も続々と高まるミッキー人気

1930年には、新聞にミッキーの漫画が掲載されます。


1933年には、ミッキーがデザインされた時計が登場し大ヒット。

この時計は年間で100万個も売れ、ニュースにもなったそうです。

”一度は倒産しかけた時計会社をミッキーが救った”とか。


・・・

その後もミッキー人気はとどまることを知らず、皆さまご存知の通りです^^




さて、最後にウォルト・ディズニー氏について簡単ですがご紹介したいと思います。

1901年12月5日生まれ。

正式には「ウォルト・イライアズ・ディズニー」さんです。

3番目の兄、ロイさんと一緒にアニメーション会社を設立し、

映画制作、ディズニーランド建設などに関わったディズニー・ブランドの創始者です。

1966年に他界。

2001年12月5日には、ウォルト氏の生誕100周年を記念して、
この日を「イマジネーション・デー」としました。




いかがでしたでしょうか。

個人的には、「ミッキーマウス」は

ウォルト氏が奥様との旅行中に思いついたキャラクターだというお話が好きです。


楽しい気持ちで思いついたからこそ、夢のあるキャラクターに成長していったのでしょうね。



【スポンサーリンク】





【おすすめ人気記事】


ディズニーリゾートで混雑を避けて快適に遊ぶコツ

http://bit.ly/16RmJEr


ディズニーランドお得情報

http://bit.ly/12If597


タワー・オブ・テラー/インディー・ジョーンズのストーリー

http://bit.ly/16liq0b


ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その2

http://bit.ly/ZsyoGJ


ディズニーランドにあるゲームコーナー

http://bit.ly/10bHMg6


年間パスポート、何回行けば元が取れる?

http://bit.ly/12iwcfy


『優雅な朝食からの・・・ディズニーシー開園5分後に入場♪』

【スポンサーリンク】





本文はここから

↓↓↓



『優雅な朝食からの・・・ディズニーシー開園5分後に入場♪』



ディズニーシーと一体になったホテル、

「東京ディズニーシー・ミラコスタ」宿泊客の特典として、

開園15分前に入場できるシステムがあります。



早めのファストパス取得を狙うには、とってもお得な特典ですよね。


一方、当日パークへ向かう場合は、基本は開園待ちをします。

開園待ちのために朝6時からディズニーリゾートへ向かう、なんてこともよく耳にします。



そんな熱心な皆さまに、朗報です♪


ミラコスタの宿泊客でなくても、

シーのレストラン、「ベッラビスタ・ラウンジ」「オチェーアノ」で朝食をとると、

開園5分後に入場できるんです!!



開園5分後というのは、だいたいゲート前10列前後に相当します。

この位置を確保するには、休日なら2時間待ちは必須でしょう。


ゲートに並んで時間を待つのは大変ですが、

「ベッラビスタ・ラウンジ」「オチェーアノ」で優雅に朝食をとりながら
開園5分後に入場できるなんてお得ですよね。


どちらも朝食はブッフェスタイルです。

簡単に特徴をご紹介します☆


「ベッラビスタ・ラウンジ」

*ブレックファストブッフェ(7:00~10:00)

*大人(13歳~)¥2,800/中人(7~12歳)¥1,800/小人¥1,200

*窓からはプロメテウス火山を望む、雄大な景色が眺められます。


「オチェーアノ」

*ブレックファストブッフェ(6:30~10:00)

*大人(13歳~)¥2,900/中人(7~12歳)¥2,000/小人¥1,400

*店内には貝殻や真珠などが飾られ、海がモチーフ。


レストランのオープン時間、値段、雰囲気も少しずつ違うので、よく検討してみてください。


また、朝食のオンライン予約もできるので、チェックしてくださいね☆


ちなみに、すでにオンライン予約(優先案内”プライオリティ・シーティング”)がいっぱいでも、
諦めるのは早いです。


予約を受けている席も数が決まっているので、当日飛び込みでも利用できます。


開店直後などを狙えば、すぐに案内してもらえますよ♪


また、パークの開園まではミラコスタのロビーでゆっくりさせてもらえます^^


美味しい朝食でしっかりエネルギー補給して、パークを満喫してみては?



【スポンサーリンク】





【おすすめ人気記事】


ディズニーリゾートで混雑を避けて快適に遊ぶコツ

http://bit.ly/16RmJEr


ディズニーランドお得情報

http://bit.ly/12If597


タワー・オブ・テラー/インディー・ジョーンズのストーリー

http://bit.ly/16liq0b


ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その2

http://bit.ly/ZsyoGJ


ディズニーランドにあるゲームコーナー

http://bit.ly/10bHMg6


年間パスポート、何回行けば元が取れる?

http://bit.ly/12iwcfy


『ディズニーシーでうわさの”隠し部屋”』

【スポンサーリンク】





本文はここから

↓↓↓


『ディズニーシーでうわさの”隠し部屋”』


ディズニーシーに”隠し部屋”があるといううわさを聞いたことはありませんか?


どこにあるか、ご存知でしょうか。


その場所は「マゼランズ」。

プロメテウスの火山のふもとにある、金色の丸い屋根が目印です。


建物の中に入ると、マゼランズラウンジが広がっています。ここが2階です。


そして階段を下りた1階が「レストラン・マゼランズ」です。

マゼランズの料理は主にコース料理で、ランチとディナーで内容が異なります。


*ランチ

 コース(¥2,800、¥3,400)

 アラカルトで単品料理も注文可


*ディナー

 コース(¥4,500、¥5,500、¥7,500と、期間限定¥7,800)のみ




さて、そのマゼランズには、メインフロアの他に個室が2部屋あります。


*天球儀の部屋(アーミラリールーム)

*ワインセラールーム



「天球儀の部屋(アーミラリールーム)」は、

店員30人前後の小さめの部屋で、天球儀が中心にあります。

テーブルは円形に配置されています。


そして気になる「ワインセラールーム」は・・・

もうお分かりですね。いわゆる”隠し部屋”と呼ばれている場所です♪


店内の一角に、本棚があります。

その本棚が、ワインセラールームへの入口です。


あるボタンを押すと扉が開くので、現地で確認してみてくださいね☆


中は4人掛けテーブルが7組配置されています。

ワインセラーというくらいですから、ワイン樽やビンがぎっしりと並べられていますよ。



いかがでしたでしょうか。


”隠し部屋”なんて聞くと、ワクワクしますよね!

ワインセラールームを指定しての予約はできないので、
ここに入れるかどうかは、当日の運によりけりです。


受付で「ワインセラーに入りたいです!」とキャストさんに告げてください^^


隠し部屋での美味しいコース料理。

ちょっぴり贅沢してみてはいかがでしょうか☆



【スポンサーリンク】





【人気記事】


ディズニーリゾートで混雑を避けて快適に遊ぶコツ

http://bit.ly/16RmJEr


ディズニーランドお得情報

http://bit.ly/12If597


タワー・オブ・テラー/インディー・ジョーンズのストーリー

http://bit.ly/16liq0b


ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その2

http://bit.ly/ZsyoGJ


ディズニーランドにあるゲームコーナー

http://bit.ly/10bHMg6


年間パスポート、何回行けば元が取れる?

http://bit.ly/12iwcfy


『東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その4』

【スポンサーリンク】





本文はここから

↓↓↓



『東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その4』



こんにちは。

雑学コーナーも好評のようですので、今回は第4弾をお送りします☆


テーマは、「キャスト用語」ということでまとめました。


ディズニーリゾートでは、”パークはステージである”という考えに基づき、

従業員のことを”キャスト”、お客様のことを”ゲスト”と呼びますね。


そんな”キャスト”の皆さんが仕事をする際に使う業界用語、
「キャスト用語」をご紹介します♪



1.ミックスポイント

アトラクションの、ファストパス列とスタンバイ列が合流する地点のこと。


2.ステーション

アトラクションの”乗り物”に乗り降りする場所のこと。


3.キューライン

アトラクションを待つ行列のこと。

「今日のキューは長いですね」などという会話を耳にしたら、列のことです^^


4.トラカン(=トラッシュカン)

ゴミ箱のこと。

カストーディアル(お掃除キャスト)はもちろん、
全てのキャストがゴミを進んで拾うよう徹底されています。


5.CFA(=Central First Aid)

中央救護室のこと。

パーク内には、ゲストのケガや急病に備えた救護室がいくつか存在しますが、

中でも開園時間中休まずに稼働しているのが中央救護室です。


6.101(”ワンノーワン”)

アトラクションが停止している状態のこと。

故障や停電などにより、アトラクションを停止せざると得ないときに使用します。


7.102(”ワンオーツー”)

停止していたアトラクションが復旧したこと。

停止~復旧までには、原因究明、解決、試運転、
そして運転再開というステップを踏みます。


8.MEC(=Main Entrance Close)

入場制限のこと。



9.MEO(=Main Entrance Open)

入場制限解除のこと。

「MEC12、MEO15」などと使用します。

「12時より入場制限、15時に解除」という意味です。

大型連休や夏休みなどの混雑シーズンによく発生します。


10.ワードローブ

キャストが制服に着替える、ロッカーのある場所のこと。または、そのビル自体のこと。

夢が無くなってしまうので、深く考えずに流してください♪


11.リード(ワーキングリード)

アトラクションのキャストリーダーのこと。

リーダーは契約社員や正社員であることが多いです。


12.ブレイク

休憩のこと。

キャスト同士、「ブレイク行ってきます」と声かけをして休憩に向かいます。


13.GC(ゲストコンプレイン)

ゲストからのクレームのこと。

受けてしまったときは、勤務後に反省会をしているとか・・・


14.「ファンシー」「シーキッチン」「ベイフロント」など

キャスト専用食堂のこと。

パーク内、ワードローブビル内にいくつか点在しています。

いずれも安くて美味しいと評判です。


15.ファイブスターカード

素晴らしい働きをしたキャストに渡されるカードのこと。

ゲストから褒められることをした、急病のゲストを速やかに救護した、などの場合です。

キャストカードは記念品や限定パーティーに参加できるそうです。


16.フラッシュ3333

キャストが困ったときに使う内線番号のこと。

キャストは、ゲストからの質問にできるだけ応じるように教育されています。

しかし、時にはわからないことを質問されてしまうことも。


そんなときにかける電話がフラッシュ3333です。

オペレーターが、さまざまな情報に対応してくれるのです。


ゲストへの心配りが感じられるシステムですね。




いかがでしたか?

ゲストの要望に応えるための内線、美味しいと評判の食堂、
ファイブスターカードのしくみ・・・

夢の国の裏側にも、ディズニーリゾートらしさが感じられると思います☆


私ももう少しパークが近ければ、働いてみたいです^^



【スポンサーリンク】






【人気記事】


ディズニーリゾートで混雑を避けて快適に遊ぶコツ

http://bit.ly/16RmJEr


ディズニーランドお得情報

http://bit.ly/12If597


タワー・オブ・テラー/インディー・ジョーンズのストーリー

http://bit.ly/16liq0b


ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その2

http://bit.ly/ZsyoGJ


ディズニーランドにあるゲームコーナー

http://bit.ly/10bHMg6


年間パスポート、何回行けば元が取れる?

http://bit.ly/12iwcfy


『夏季バケーションパッケージ発売中』

【スポンサーリンク】





本文はここから↓↓↓


『夏季バケーションパッケージ発売中』


関東でも梅雨が明け、ディズニーリゾートの夏季イベントも大盛況ですね。

青空の下での水撒きイベント、気持ちよさそうです^^


夏休み、旅行も良いですが、おもいっきりお泊りディズニーを満喫したいという方!


夏季限定の「バケーションパッケージ」が発売中ですので、詳細をご紹介しますね☆



「バケーションパッケージ」とは、

*ホテル

*パークチケット(両パーク行き来自由)
*+α(ショー鑑賞券、リゾートラインフリーきっぷ、ファストパス、オリジナルグッズなど)

がセットになったお得なプランであることを、前回ご説明しました。



今回発売された夏季バケーションパッケージとは

*「夏のスペシャルイベントを満喫する2DAYS/3DAYS」

*「夏のスペシャルイベントとNEWディナーショーを楽しむ2DAYS/3DAYS」

*「夏休みの思い出に!『カストーディアル・キッズ!』体験付き2DAYS/3DAYS」

*「アトラクションの魅力を再発見する2DAYS/3DAYS」

の4種類です。


それぞれのプランについて、詳細までご紹介しちゃいます☆




1.「夏のスペシャルイベントを満喫する2DAYS/3DAYS」

☆2つのショー鑑賞券(リザーブされた鑑賞席や鑑賞エリアにて)が含まれています。

 →1日目:ランドの「爽涼鼓舞”THE FINAL”」

 →2日目:シーの「ミニーのトロピカルスプラッシュ」


☆その他・・・

・ディズニーホテル・オフィシャルホテル宿泊

・2デーパスポート・スペシャル

・ディズニーリゾートラインフリーきっぷ

・時間指定なしのファストパス(2枚)

・朝食

・2日目の昼食(4つのレストランからチョイス)

・オリジナルグッズ(1人1点)

・その他、”D's Delights”のドリンク(1人1点)、ポップコーンバケット券・リフィル券(1室1枚)


☆3DAYSは、基本的には2DAYSと一緒の内容です。

パスポートが2デーから3デーパスポート・スペシャルに、ファストパスが2枚から3枚に、

またショー鑑賞券が3日目の分も追加されます。

(「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」「ワンマンズ・ドリームⅡ」「ビッグバンドビート」「ミスティックリズム」

 「レジェンド・オブ・ミシカ」「ファンタズミック!」の6種類のうち1つのショー鑑賞券が付いてきます。)


☆ディズニーホテルなら2DAYSで40,600円~、3DAYSで60,400円~

 オフィシャルホテルなら2DAYSで32,800円~、3DAYSで45,300円~です。




2.「夏のスペシャルイベントとNEWディナーショーを楽しむ2DAYS/3DAYS」

☆2つのショー鑑賞券(リザーブされた鑑賞席や鑑賞エリアにて)が含まれています。

 →1日目:ランドの「爽涼鼓舞”THE FINAL”」

 →2日目:シーの「ミニーのトロピカルスプラッシュ」

☆1日目の夜に、「ミッキー&カンパニー」にてディナーショーが付きます!


☆その他・・・

・ディズニーホテル・オフィシャルホテル宿泊

・2デーパスポート・スペシャル

・ディズニーリゾートラインフリーきっぷ

・時間指定なしのファストパス(2枚)

・朝食

・オリジナルグッズ(1人1点)

・その他、”D's Delights”のドリンク(1人1点)、ポップコーンバケット券・リフィル券(1室1枚)


3DAYSは、基本的には2DAYSと一緒の内容です。

パスポートが2デーから3デーパスポート・スペシャルに、ファストパスが2枚から3枚に、

また3日目のショー鑑賞券が追加されます。


☆ディズニーホテルなら2DAYSで43,100円~、3DAYSで63,000円~

 オフィシャルホテルなら2DAYSで34,800円~、3DAYSで47,700円~です。



続きは後半で♪


【スポンサーリンク】





後半はここから↓↓↓



3.「夏休みの思い出に!『カストーディアル・キッズ!』体験付き2DAYS」

☆こちらはお子様向けですが、

シーで”カストーディアルキャスト”(お掃除キャスト)の格好をしてお掃除体験ができるプランです。

修了したお子様には、認定メダルがプレゼントされるそう。

☆1日目の夜に、「ミッキー&カンパニー」にてディナーショーが付きます!


☆その他・・・

・ディズニーアンバサダーホテル・ホテルミラコスタ宿泊

・2デーパスポート・スペシャル

・ディズニーリゾートラインフリーきっぷ

・時間指定なしのファストパス(2枚)

・朝食

・2つのショー鑑賞券

 →1日目:ランドの「爽涼鼓舞”THE FINAL”」

 →2日目:6種類のうち1つ

・オリジナルグッズ(1人1点)

・その他、”D's Delights”のドリンク(1人1点)、ポップコーンバケット券・リフィル券(1室1枚)


☆3DAYSは、基本的には2DAYSと一緒の内容です。

パスポートが2デーから3デーパスポート・スペシャルに、ファストパスが2枚から3枚に、

また3日目のショー鑑賞券が追加されます。


☆2DAYSで46,600円~、3DAYSで79,400円~です。




4.「アトラクションの魅力を再発見する2DAYS/3DAYS」

☆2つのパークの人気アトラクションの秘密を探るプランになっています♪

・1日日:シーの「タワー・オブ・テラー”ツアー”」の体験ができます。

・2日目:ランドの「ウエスタンリバー鉄道」の車掌さんや機関士さんから
     アトラクションで使われる本物の蒸気機関車の説明を聞いたり、
     蒸気機関車をバックに記念撮影をしたりできます。


☆その他・・・

・ディズニーランドホテル宿泊

・2デーパスポート・スペシャル

・ディズニーリゾートラインフリーきっぷ

・時間指定なしのファストパス(2枚)

・朝食付き

・2日目の昼食(4つのレストランからチョイス)

・2日目に2つのショー鑑賞券付き。

 →ランドの「爽涼鼓舞”THE FINAL”」、シーの「ミニー・オー!・ミニー」

・オリジナルグッズ(1人1点)

・その他、”D's Delights”のドリンク(1人1点)、ポップコーンバケット券・リフィル券(1室1枚)


☆3DAYSは、基本的には2DAYSと一緒の内容です。

パスポートが2デーから3デーパスポート・スペシャルに、ファストパスが2枚から3枚に、

また3日目のショー鑑賞券が追加されます。


☆2DAYSで46,200円~、3DAYSで66,600円~です。




いかがでしたでしょうか?

宿泊するホテルや、参加できるショー、食事できるレストランなど、

微妙~に内容が異なるので、何を重視するか、楽しく悩んでみてください^^



【スポンサーリンク】





【関連記事】

お楽しみ盛りだくさん♪バケーションパッケージって何?
http://bit.ly/177q5zA

東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーって?
http://bit.ly/175iT6W

東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その3
http://bit.ly/172QNcq

ディズニーリゾートのファンクラブ☆ファンダフル・ディズニー
http://bit.ly/12U6cLU

噂のダッフィーを鑑賞☆「マイ・フレンド・ダッフィー」
http://bit.ly/12aUop2

年間パスポート、何回行けば元が取れる?
http://bit.ly/12iwcfy

年間のショー・パレードについて
http://bit.ly/124Jp0f



『お楽しみ盛りだくさん♪バケーションパッケージって何?』

【スポンサーリンク】





本文はここから↓↓↓


『お楽しみ盛りだくさん♪バケーションパッケージって何?』


東京ディズニーリゾートの「バケーションパッケージ」をご存知でしょうか?


「バケーションパッケージ」とは、ホテル・パークチケット・+αの

お楽しみがたくさん詰まったパッケージプランのことです。



特典が盛りだくさんなので、

お泊りディズニーをお考えの方にはピッタリなプランです。



公式サイト、TEL(東京ディズニーリゾート総合予約センター)から申込みできます。



今回はその内容を簡単にご紹介します☆


1.ホテル

*ディズニーホテル

*オフィシャルホテル

*パートナーホテル

それぞれのホテルからチョイスできます。




2.特別パークチケット

*マルチデーパスポートスペシャル

1日目から両パークを自由に行き来できる、2デー(3デー)パスポートがついてきます☆


*ディズニーリゾートラインフリーきっぷ

ディズニーリゾート内の施設を結ぶリゾートラインに、滞在期間中は乗り放題!

なお、フリーきっぷをイクスピアリで提示すると様々な特典が受けられます。


続きは後半で♪


【スポンサーリンク】





後半はここから↓↓↓



3.+αの特典♪

*ファストパスR・チケット

なんと”時間帯指定なし”のファストパスR・チケットがついてきます!

(プランによって枚数が異なります)


*ショー鑑賞券

抽選や列に並ぶ必要はありません。鑑賞券付きなのでバッチリ楽しみましょう。


*お食事

ショーレストランでのお食事が含まれているプランもあります♪


*体験プログラム

子供向けが多いですが、体験プログラムが含まれているプランもあります♪


*オリジナルグッズ

他では手に入らない、バケーションパッケージ限定のグッズがもらえちゃいます。

フォトフレーム、ステーショナリーセット、デジカメケース、ポーチ、トートバッグ、キーケース、チケットケース・・・

1人1点ずつ、欲しいセットを選んだら、事前に自宅に届けてもらえます!

至れり尽くせりですね。




4.さらに・・・

バケーションパッケージを購入すると、

*プライオリティ・シーティング

*パーク内ショーレストラン

*ガイドツアー

の、事前申し込みができます^^




時期によって、様々なプランが出ます。

特典を考えるとホテル・パスポートをそれぞれ予約するよりもずっとお得ですね☆


次回は、夏季限定のバケーションパッケージについてご紹介します!



【スポンサーリンク】





【関連記事】


東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーって?
http://bit.ly/175iT6W

東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その3
http://bit.ly/172QNcq

ディズニーリゾートのファンクラブ☆ファンダフル・ディズニー
http://bit.ly/12U6cLU

噂のダッフィーを鑑賞☆「マイ・フレンド・ダッフィー」
http://bit.ly/12aUop2

年間パスポート、何回行けば元が取れる?
http://bit.ly/12iwcfy

年間のショー・パレードについて
http://bit.ly/124Jp0f

抽選制ショーへの参加方法
http://bit.ly/12o9Kmq


『東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーって?』

【スポンサーリンク】





本文はここから↓↓↓


『東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーって?』


現実的な話になりますが、

ディズニーリゾートを始め、遊園地やテーマパークでは

施設の設置費、維持費、人件費などに膨大な費用がかかります。


その経営を成り立たせるためには、入場料だけではとてもまかなえません。


ディズニーリゾートは数々の”スポンサー”によって支えられているわけです☆


ビッグサンダーマウンテンに「第一生命」

スプラッシュマウンテンに「日産自動車」などと書かれた看板を見かけたことはありませんか?

パレードの最後に「NTT DoCoMo」という表示を見かけたことはありませんか?


それらがスポンサーです。


それでは、現時点での”オフィシャルスポンサー”を
下記にまとめてみましたのでご覧ください♪



【ランド】

・「ピーターパン空の旅」・・・NTTコミュニケーションズ


・「ハピネス・イズ・ヒア」・・・NTTドコモ


・「ポリネシアンテラス・レストラン」・・・キッコーマン


・「カリブの海賊」「ロイヤルストリート・ベランダ」・・・キリンビール/キリンビバレッジ


・「トゥーンタウン」・・・講談社


・「ジャングルクルーズ」・・・ENEOS


・「キャプテンEO」・・・JCB


・「ビッグサンダー・マウンテン」”ベビーカー&車イス・レンタル”・・・第一生命保険


・「ウエスタンリバー鉄道」・・・タカラトミー


・「シアターオーリンズ」・・・ニチレイフーズ


・「宅配センター」・・・日本通運


・「スタージェット」・・・日本航空


・「スペース・マウンテン」「リフレッシュメントコーナー」「トゥモローランド・テラス」

 ・・・日本コカ・コーラ


・「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」・・・日本ユニシス


・「カントリーベア・シアター」「ハングリーベア・レストラン」・・・ハウス食品


・「モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”」・・・Panasonic


・「カメラセンター」「スプラッシュダウン・フォト」「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」

 ・・・富士フイルム


・「グランドサーキット・レースウェイ」・・・ブリヂストン


・「ザ・ダイヤモンドホースシュー」「プラザパビリオン・レストラン」・・・プリマハム


・「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”」・・・みずほ証券


・「ショーベース」・・・三井不動産


・「アリスのティーパーティー」・・・三井ホーム


・「ベビーセンター」「アイスクリームコーン」「ソフトランディング」「アイスクリームワゴン」

 「クリスタルパレス・レストラン」「スウィートハート・カフェ」「トゥーンタウン・ベビーセンター」

 ・・・明治


・「イーストサイド・カフェ」・・・山崎製パン


・「センターストリート・コーヒーハウス」・・・UCC上島珈琲


・「ペイストリーパレス」「シスファミリー・ツリーハウス」・・・ユーハイム



【シー】

・「ジャスミンのフライングカーペット」・・・NTTコミュニケーションズ


・「ファンタズミック!」・・・NTTドコモ


・「レストラン櫻」・・・キッコーマン


・「S.S.コロンビア・ダイニングルーム」「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」

 ・・・キリンビール/キリンビバレッジ


・「レジェンド・オブ・ミシカ」・・・講談社


・「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」・・・ENEOS


・「ストームライダー」・・・JCB


・「センター・オブ・ジ・アース」”ベビーカー&車イス・レンタル”・・・第一生命保険


・「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」・・・タカラトミー


・「ニューヨーク・デリ」・・・ニチレイフーズ


・「シンドバット・ストーリーブック・ヴォヤッジ」「宅配センター」・・・日本通運


・「ブロードウェイ・ミュージックシアター」・・・日本航空


・「海底2万マイル」「ケープコッド・クックオフ」・・・日本コカ・コーラ


・「フォートレス・エクスプロレーション」・・・日本ユニシス


・「カスバ・フードコート」・・・ハウス食品


・「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」・・・Panasonic


・「マジックランプシアター」「フォトグラフィカ」・・・富士フイルム


・「ハンガーステージ」・・・ブリヂストン


・「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」・・・プリマハム


・「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」「アイスクリームワゴン」「ベビーセンター」・・・明治


・「セイリングデイ・ブッフェ」・・・山崎製パン


・「カフェ・ポルトフィーノ」「マンマ・ビスコッティ―ズ・ベーカリー」・・・UCC上島珈琲


・「ベネツィアン・ゴンドラ」・・・ユーハイム



いかがでしたでしょうか。


スポンサーの付いているアトラクションもあれば、そうでないものもあります。


こうして違う角度からディズニーリゾートを覗いてみるのも面白いですよね♪


スポンサーにとっては、スポンサーになることで広告となり
自社の利益につながると言います。


助け合いなのですね^^



【スポンサーリンク】





【関連記事】


東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その3
http://bit.ly/172QNcq

ディズニーリゾートのファンクラブ☆ファンダフル・ディズニー
http://bit.ly/12U6cLU

噂のダッフィーを鑑賞☆「マイ・フレンド・ダッフィー」
http://bit.ly/12aUop2

年間パスポート、何回行けば元が取れる?
http://bit.ly/12iwcfy

年間のショー・パレードについて
http://bit.ly/124Jp0f

抽選制ショーへの参加方法
http://bit.ly/12o9Kmq

ファストパスを一番多く取る方法
http://bit.ly/12CHISS


『東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その3』

【スポンサーリンク】






本文はここから↓↓↓



『東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学 その3』


今日は、先月に引き続き、

ランド&シーに関するおもしろ雑学を仕入れてきたので、ご紹介したいと思います☆


・絶叫系のアトラクションは、右回りが多い

心臓がより強い遠心力を受けて、緊張感が増すからだそうです。

ふつうはそんなこと、気にしている余裕も無いですよね!(笑)


・ランドで一番高級な商品は、スワロフスキーのシンデレラ城

なんと、500万円だそうです。あっぱれ。


・テーマランドごとに、地面の色が異なる

お気付きでしょうか。BGMが異なるだけではないのです。


・たくさん歩いても疲れないようにと、パーク内の地面は弾力性のある作りになっている

ここにもゲストに対する配慮が感じられますね。


・隠れミッキーの総数は、誰も知らない

増えるものあり、偶然できるものあり、消えてしまうものあり、
ゲストの判断で生まれるものあり、

従って、総数は誰も知らないのです。


・ホーンテッドマンションの幽霊は1000人いる

以前のリニューアルの際、壁の絵から出てくる幽霊が追加されたことにより、

幽霊が999人から1,000人に増えたそうです!


・ホーンテッドマンションの待ち時間が10分前後だと、13分と表示される

不吉な数字、13。芸が細かいですね。


続きは後半で♪


【スポンサーリンク】






後半はここから↓↓↓



・シンデレラ城にはディズニー家の紋章が取り付けられている

ちょうど真裏の位置にあります。
ワールドバザール側の入口から入り、
出口から出たらシンデレラ城を振り返って見てみて下さい!


・マゼランズを上空から見ると、最大の隠れミッキーが見える

Googleマップの航空写真を見てみましょう♪


・海底2万マイルには「隠れニモ」「隠れアリエル」がいる

海に潜ってわりとすぐに現れます。

アリエルは進行方向右手に現れる船に、
ニモは進行方向左手に現れるニモカラーに、
注目してみてください☆


・東京ディズニーシーには市長さんがいる

彼はディズニーシー全体の市長ではなく、
パークの港町「ポルトパラディーソ」の市長さんです。


ディズニーシー内のホテルミラコスタで結婚式(人前式)をすると、司式者をしてくれます!

グリーティングもしているので、ぜひ会いにいきましょう^^


・ディズニーリゾートで一番落ちるスピードが速い乗り物は、
センター・オブ・ジアース(時速75km)


ちなみに、絶叫系アトラクションの最高速度をまとめると・・・


【ランド】

*スプラッシュマウンテン(時速62km)

*スペース・マウンテン(時速49km)

*ビッグサンダー・マウンテン(時速41km)


【シー】

*センター・オブ・ジ・アース(時速75km)

*レイジングスピリッツ(時速60km)

*タワー・オブ・テラー(時速50km)


私はタワーオブテラーだと思っていたのですが、時速50kmちょっとなんですね。


いかがでしたか?


今度パークを訪れたら、お友達にも雑学として教えてあげてください♪



【スポンサーリンク】





【関連記事】


ディズニーリゾートのファンクラブ☆ファンダフル・ディズニー
http://bit.ly/12U6cLU

噂のダッフィーを鑑賞☆「マイ・フレンド・ダッフィー」
http://bit.ly/12aUop2

年間パスポート、何回行けば元が取れる?
http://bit.ly/12iwcfy

年間のショー・パレードについて
http://bit.ly/124Jp0f

抽選制ショーへの参加方法
http://bit.ly/12o9Kmq

ファストパスを一番多く取る方法
http://bit.ly/12CHISS

知っておこう☆ファストパス発券のシステム
http://bit.ly/12AvD0L

要点チェック☆ディズニーリゾートの夏
http://bit.ly/12lsZmq

ディズニーランドにあるガチャガチャ
http://bit.ly/1czdtCj

ディズニーリゾートのレストラン予約
http://bit.ly/16CN4SA

パーク限定キャラクター
http://bit.ly/16AfpZX







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。