So-net無料ブログ作成

『ディズニーの「食」に対する熱い取組み』

【スポンサードリンク】





本文はここから

↓↓↓


『ディズニーの「食」に対する熱い取組み』


こんにちは~~☆

パーク内の食事、どれも美味しいですよね♪

また、コンビニやスーパーへ行くと、

ディズニーキャラクターとコラボした食品やお菓子も数多くありますね。

今日は、そんなディズニーの「食」に対する取組みについてまとめました(o^o^o)



まずは「さすがディズニー!」と思える新たな取組み、

”ミッキー・チェック・プログラム”についてご紹介したいと思います。


”ミッキー・チェック・プログラム”とは

ディズニー独自のチェックのもと、

子供が視聴する番組からジャンクフードの広告を削除し、

健康的な食品のみの広告を許可しようという取組みです。


ウォルト・ディズニー・カンパニーが関連するテレビ局のうち、

12歳以下向けの番組のCMで扱う飲食物について、

自主的に栄養状態のチェックを行うようです☆

(大人向け番組では実施されません)


この取組みは、現在のCM契約が切れる2015年から正式にスタートします。



「GOOD FOR YOU - FUN TOO!」と書かれたミッキーマークが目印。

このマークが入った商品は”ミッキー・チェック・プログラム”により

栄養価の高い商品として認定されていることを意味します。


アメリカでは今や子供の肥満が社会問題化しています。

子供のためを第一に考えるディズニーが、この問題を見過ごすはずがありません(^▽^)!


もちろん、日本のパークにも同プログラムは適用されます。


食の取り組み①.jpg


一方で、実はディズニーは「Pass the Plate」というプロジェクト名で、

2006年から食品のカロリー等に関するガイドラインを制定し、

これに適合しないものにはディズニーキャラクターの使用権を与えない、
という取組みを行っています。


ディズニーキャラクター付きの食品を買えば、お子様に安心ということですね♪

選ぶの楽ちんですね(笑)


また、ランド・シーともに国際的な安全管理手法”HACCPシステム”を導入しており、

食品衛生法に基づいた食への安全を確保しています。


5大アレルゲン(小麦・そば・卵・乳・落花生)を原材料に使用しない

低アレルゲンメニューを扱う店舗も、ランド・シーには数多く用意されています。



少し話は変わりますが、

東京ディズニーリゾートに備蓄されているという非常食は

なんと30万食あり、来園者、スタッフと合わせて4日は十分に持つそうです。

東日本大震災のときに話題になりましたね。


食の取り組み②.jpg


いかがでしたでしょうか。

お子様にも安心なディズニー。

様々な配慮がさすがですね♪



【スポンサードリンク】






【最近のおすすめ人気記事】


”制服ディズニー”が流行?
http://bit.ly/13By0B8


ランドのアトラクション投資額・大公開!
http://bit.ly/17YZPYp


いつか行ってみたい!ハワイのディズニーリゾート
http://bit.ly/13qbX0g


アトラクションオープン前の裏情報
http://bit.ly/16n8m6x


ディズニーワールドのシンデレラ城に泊まれるVIP
http://bit.ly/16jJ1dG


パークで買ったお菓子の”缶” 再利用アイデア♪
http://bit.ly/14m6oRU


年越しディズニーパスポート8/12発売開始☆
http://bit.ly/15Uy6KZ


ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学その7
http://bit.ly/13PTzCU


6大オフィシャルホテルを比較!
http://bit.ly/198FmVN


東京ディズニーランド&シーに関するおもしろ雑学その8
http://bit.ly/13APVZU



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。